プチ夏休みを満喫!台北への旅 計画編

成田空港のフライトボード



今年は土、日、月の3日間を使ってプチ夏休みを満喫するべく台北に行く計画を立てました。この記事では台北に決定するまでの経緯を書こうと思います。

台湾ビール

プチ夏休みを満喫!台北への旅 1日目

2017.09.11

台湾について

台湾は東京から南西方向に直線距離で約2,000kmほどの場所にあります。沖縄までが約1,500kmなのでそのすぐ先です。石垣島や宮古島とは数百キロ程度しか離れていません。また、国の大きさは九州とほぼ同じくらいの大きさです。

今回は台湾の首都である台北へと旅立つことにした。台北は九州で例えるなら福岡あたりの場所に位置しています。

ちなみに台湾には日本でも馴染みのあるエレクトロニクス関連の企業が多く本拠地を構えています。具体的にはFoxconn、ASUS、Acer、BenQ、Realtek、GIGABYTE、HTC、MSI、Transcend、Cyberlink、ASRockといった企業です。電子機器類に少し詳しい人にはよく知られている企業だと思います。個人的にもスマホのHTC以外は全て自宅で利用していました。親日として有名ではありますが、とても馴染みのある国だったのだと電子機器を通して再認識させられました。

今回の候補には他にもアジアのビーチリゾートや沖縄本島・離島も候補に出ていました。しかし、アジアのビーチリゾートは直前であったため航空券が高騰していたり、安くてもトランジットで移動に丸1日かかるため滞在時間を考えると3日間では少し物足りないと判断しました。また、東南アジアは現在ISISの影響で安全でない地域が多いため断念した場所もありました。沖縄は1泊でも気軽に行けるので今回は台湾に決定しました。

台北について

今回は期間が3日間と多くはないので、行き先は台北に絞りました。あとは台北近辺で行きたいところややりたいことをピックアップしました。

  • 台北101
  • 九份
  • ビーチ
  • 屋台
  • マンゴーかき氷
  • 小籠包

あとは航空券と宿を取ったら可能な限り上記の要素を取り込んだ旅行プランを作るのみです。

今回はいつも利用しているExpediaで航空券とホテルの予約をしました。スカイスキャナーの方が安い場合もあるのでどちらもチェックするのがおすすめです。

調査したいこと

せっかくの機会なので気になることを調査したいと思います。

  • YouBike(台湾で流行っている自転車のシェアリングサービス)の利用
  • Uberが台湾でも使えるのか
  • モバイル端末の通信速度(現地SIM購入)

要件確認

今回の要件を整理しておきたいと思います。

  • 旅行期間は3日間
  • 予算は1人10万円
  • 治安が良いか(直近でテロ事件等が発生していないか)

全て準備が整ったので旅へと出発したいと思います!(次の記事)

おすすめの旅行サービス

安くて柔軟な旅行を実現するために活用しているおすすめのサービスを紹介します。

  • 航空券・ホテル予約

これまで旅行代理店やパンフレットでしか料金を見ていなかった方は、試しに一度検索してみることをおすすめします。
思っているよりも安い値段が表示されるのではないかと思います。
その代わりに全て自分で計画をする必要がありますが、個人的には計画している間も旅行の一部として楽しんでいます。

今後行きたい旅行先を検索して仮の計画を立ててみたりするのも楽しいです。
行きと帰りで違う航空会社を選んだり、飛行ルートを好きに設定したりと自分好みにカスタマイズをする旅にはかかせないサービスです。